夏季養生の砂糖苦労に耐えてデトックス汗をかいて

小満の小満の後に養生の小さい常識があり、たくさんのネット友達が比較的関心の話題の一つです.立夏の養生の重精神调摄,人類の疾病、特に腸の伝染病は多い季節.殺菌野菜を多く食べ、病気予防にも予防.この野菜は含むにんにく、たまねぎ、ニラ、ネギなど.これらの葱蒜種類の野菜の中で,砂糖、豊富な植物の広い譜の殺菌し、各種の球菌、桿菌、菌類、ウィルスを殺すと抑制作用.

P1、汗かき心陽

を含む3時:機節気立夏の日蝼蝈鳴き、五日後ミミズて五天王瓜生.押し後漢郑玄解釈、蝼蝈はカエル、非螻蛄;ミミズと土竜」.意味は、立夏盛阳、この二物は、鬼気盛阳感知で下から生のためとして.烏瓜の別名烏瓜瓜ようひょう、熟は色の赤、鴉のカラスが愛さので、メロン、非きゅうり.

立夏は二十四節気の中で重要な節季、自立した夏が、1年中に入り、鬼気が最も旺、鬼気が相対的に弱い時期に入りました.」王主任によると、漢方医は、夏のガスと意気に通じる、立夏の養生春季雪と墨と、最も重な精神修養する.汗は心の液として、これから汗をかいて、いくつも汗をかいて、立夏の養生の1つの重要な構成部分.

汗に汗をかいても陽だけど、汗をかいた時は汗をかく,気が弱くて、気が弱いんだ..王主任は、多くの過少で汗をかいて、すべて滋養心陽は無益で、ベストな状態は人が激しい活動後でない活動後に、体の上にいくつかのムコのムコの感じ.彼は指摘する、体質が比較的にやせて弱々しいの女性と男性のぶよぶよこの節気一番脆い悲しい陽、また汗が出た後におびえて、疲れが慌てて息が続かないで、手足の小さくて涼しいなどの表現であり、心の陽の息の損傷の表現は、最高の適時にの養生.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です