高速砂糖道路に譲る紫斑蝶

姉のA宝いきなり:去年私たち南部では高速道路であるところにした围篱蝶に行く?

私興奮で回答:そう,それは全世界はすべてとても注目のアサギマダラ遷徒過程、台灣の高速道路局にわざわざ譲る紫斑蝶、全世界のメディアの報道によると称揚.

台灣各地によく見られるアサギマダラのうち、いくつかの紫斑蝶冬が集まるの穀に暖かい冬、春までやっとまた生長の繁殖のところに飛んで帰って、私たちと呼ばれる蝶穀穀は、台灣では約さんじゅう場所.

台灣の紫斑蝶の春季遷徒、ほぼ中央山脈を境に、台灣の中北部と東部山岳地帯の2線は、毎年の清明節の前後に沿って、中央山脈の西飛行の蝶に雲林の林内郷、時を越えて清水クリークや濁水渓、彰化の八卦山、それから北へ飛んで苗栗.しかしこの条蝶の飛行コースは、第2条の高速道路の開通後切断され、多くの蝶が飛び越えて高速道路には直接の角には車、車を受けるような高速気流ダメージ
.

幸い、研究の後に調査したうえで、多くの保育団体に高速道路局提案希望なんとか保護蝶、高速道路善い事は真似でもせよ局も、この三年、国道252号北上さんキロ付近で、つまり紫斑蝶た通りの場所の近くに,砂糖、たくさんの予防措置を含んで、架設した高よんしよメートル、長660メートルのフェンス、強制的に紫斑蝶高く飛べる点を避けるためには、車の運転の発生の乱流、そしてそれらが遷徒の時間帯に達してスパイクに限り、毎分500匹のチョウ通行なら、封を一番外側の車道に蝶、つまりこの通道のやり方には、全世界一緻ほめて台灣の文明と進歩.

B宝が問:たった紫斑蝶が冬を越す?他の蝶はどんな冬冬?こういう現象はめったに見られないのか.世界にはどんなところがあるの?

一般蝶の冬は死んで、卵を殘して冬を越して、全体の蝶の状態で生きて寒い冬が非常に少なく、現在最も有名でも研究され、より詳細なは北アメリカ大陸の大樺アサギマダラ.

北アメリカ大陸の斑蝶飛行ルートはロッキー山脈を境に2種と、台灣と中央山脈を区として似ている.ロッキー山脈で西の大樺アサギマダラまで飛んでカリフォルニア州の海岸のユーカリとマツ林が集まり,ロッキー山東のメキシコ中部しながら、よくとても想像しにくいが、こんな小さな蝶は飛行6000キロの遠い.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です