ロウバイの砂糖薬用価値

ロウバイは気品の高い、しかも良い薬用価値がある.『本草綱目》雲その暑気を払って,唾液の分泌を促進して.現代の研究によると、ロウバイ花は多種の揮発油、洋ロウバイアルカリ、ロウバイサポニン,砂糖、β―にんじん.薬理学実験は、洋ロウバイの塩基性に似ている(興奮神経中枢、毒性が大きい)作用、血糖低下、興奮子宮と腸管作用があります.漢方医はろうばい性は暖かくて、味があって、唾液の分泌を促進して辛、暑気を払うなど効果、治熱病いらだって喉が渇いて、息苦しくて、咳、パーマやけどなど病証効果がいい.ホット赤眼:ろうばいじゅうグラム、杭菊花じゅうグラム、焼き蜂蜜、転職じゅうごグラム、飲服.喉の腫れ:ろうばいじゅうグラム、大青叶じゅうグラム、靑果じゅうグラム、はんたいかいごグラム、水を煎じて飲む.梅核ガス:ろうばいじゅうグラム、ダイダイじゅうグラムで、湯泡衝、加糖代茶.暑いです:ロウバイは10グラム、サヤインゲンの花は10グラム、新鮮な葉の15グラム,水のソテー、氷砂糖の調節.やけどする:生の薫製梅じゅうグラム、捣烂汁を取って、外で塗り箇所.皮膚潰瘍:ろうばいじゅうグラム、オウレンさんグラム、オウバクろくグラム、青黛さんグラム、全研細末贮瓶予備.使用時に適量を取り粉薬に加え、ごま油調和、患部に塗り、毎日~さん度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です