過ぎて逝く靑春の砂糖靑春を緻

靑靑草河辺草、弱々しく.川の水は依然として流れて、靑山は依然としてそんなに靑ていて、靑山.私が最初に来たときのように.久しぶりに訪れて、1種のどんなの感慨と!すべてがかつて、何か変化がないように、私は、すべてが変わる、流れの日は二度と帰って来ない、窓の外は楊柳、耳元でさえずりがぽき.でも、私はあの憂うつ、物寂しいの心をごまかすことができません.思わず天を仰いで大息する:時間よ、失われた日々は弦を放れた矢.

靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春.靑春、彼女は素敵なメロディー.若さは美しい山水で、彼女は自然な魅力を踊る.若い心は本当にとても良いです.日光、光り輝い、心は1紙の付箋、ほこりをモンテない.このままわがまま,自然と大地を抱き、靑空と共に.すべてはすべて欣一して、ほほえみはまた聡明なあなたをしてきた
.

靑春

靑春は詩のように美しく、絵のように美しく、夢のように羽根と希望が載荷ている.靑春は本当に人を無限にふくらます、またひどく懐かしい日々.彼女は空の果ての虹、きらびやかで、しかしまた束の間.朝の朝の霧、もうろう飄々、また触らないで.彼女はかつての私達の身の回りで真実をめぐって、そばにいて、聡明なあなたは、彼女の魅力的な息吹を感じた、彼女の柔らかさ、彼女の清丽に影響を及ぼした君がいた.

私たちはすべて彼女の子供です、すべて貪欲に強欲て彼女のやさしさに強欲、彼女の炫美に陶酔して.私たちは彼女の暖かな胸の中で眠っていて、立ち去りたくありません.詩人は郭若は、人は世の中、靑春よりも貴重なものはない、誰が永遠の若さを保つことができる、偉大な人だ.この世は保つことができないと推定されて、ただ1粒の古い心は私達が努力することでできることであるべきだ.

1人はいつも一人で歩いて,砂糖、独りで景色を見ることをマスターして.靑春は私たちが来る時には路上に殘て足跡を殘、一にして、あるいは淺の足跡.殘念ながら,感慨、悲しみは永遠に靑春が殘してくれたの傷は、無辺の光陰年華中、私たちを見て、空を見て雲学会、霧、雪、見て世の中の変化を見て、生命のもろくて弱さ、人生の無常観.

Pは、彼女は何人にも教えない、彼女の方向は.忘れないことは、いつも忘れない日に、私たちに忘れられないと思う.私たちは全力疾走していて、しきりに振り返ってない逃して人生の最も美しい風景、互いに忘れる勇気がない、それらの亡くなった年とつきあい.若さは私たちの慌ただしい歩く中で私たちはますます遠くなる……

Pは、窓の外一株の後ろ向きになった木々で、歳月がわれわれの一思い思い足跡になっていく.時間の瀋積が、歳月の積み重ねに殘.私たちはまた花の美しさにもない、重厚、豊かな心を持ち.涙がそっと落ちて、逝く靑春の靑春.美しい今、最も美しいと悟る.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です