思い出、砂糖かつては若い私

Pは,テーマ、とりあえず思い出としてみてもいいでしょう.正直に、以前は本当に家の良い人、衣食に困らない人、自分もそんなに多い悩みはありません.兄と学校に行くために、母は私はとても時間でアルバイトをする、家の中には私と兄が世話をして、私はとても家には、小さい私は家の中にはお金がない、母は私たちのために.あなたはお母さんにはありませんか?私は低いと思うが、実はよく思う夜にこっそり布団で泣いて、誰が自分のお母さんになりたくないと思っていますか?

小学校の時の時もとても楽しいけど、家の経済条件はよくなくて、私の成績はずっととても良くて、ここで何人の小学校の先生に感謝して、彼女たちは私にとてもよくて、私はあの時は勉強に最も自信の、他人と自分を見て私は古い良い学生.小さい時、体が弱くて、よく病気たとえば鼻血、胃腸が悪い、そして一年体に多くのしこりがかゆくて眠れないで、お母さんが深夜に私に付き添って、川に散歩して、非常に静かな夜、風もすっきりしたいんですが、母に言っ:ありがとうございます、私はあなたを愛して !

を思い出してねと小さい時、その時の私は今より賢明に勤勉で、マスターした料理、お父さん喂猪農作業を行うように手伝って、母方の祖母の家に牛飼い……13歳、私は河南省にある県名、おばさんの家は学校へ行って,この数年で私の生活は学校でこそ生活では、何年私は聞いて劉若英の一生寂しく1種の習慣になりました.いい、言いたくない,砂糖、これでいいのかな.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です