述べたよ砂糖うな蘊奥

PはPP

初めて見たこの話、仏との間で交流するしかある迦葉に由来拈花微笑思想、彼らが交流のものが微妙で,言葉では表現できない.でもそれは思わせぶりな手法だと思って、今やっと無知な判断はどんなにかわいそうな思想だと知っていた.

私は三宝、持っています:1曰はめいこ、2つの3つの、3曰は天下の先にはできません.めいこ、だから勇;とは、廣、天下には先に、できないことができます.今はめいこと勇あり、私は、その前に広い、私は、死んでから先に,砂糖、死にも!情深い、戦は勝、守則を守則.天は救って、めいこの.老子上善若水を打ち出し、世の中の道というほど自分あげたいあなたの名声はますます堕落、仁慈一見弱さと、それを守るため、ほとんど金城湯池、この点は清朝権臣曾国藩管理学の面での特別はっきり論述、非本人喜いいないと強みを述べる.易& middot;乾』93:「君子は涙に乾いて乾、夕ならすごい不具合、咎無し】;行徳の人にまじめにこつこつと疲れるのですか?いや,とてもすっきりして、彼らは処世を人として、後患、後患、自大、自然に道徳の高尚、ありませんか?

pは満腹経論ですか?見せびらかす、私たちの実質はみせびらかす、我々の善徳を広めるのです、私たちは、私たちが正しいということを改善しているということです.阿弥陀阿弥陀四十八大願い前2;【1
.国は悪道を願います.二に堕ず.仏」を普度、精通徳の人は、善を勧める、これは私達の歩いた自身の極楽、行徳の最大の功徳.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です