砂糖晴れ

,砂糖、<

天気はますます寒くなり<P> ;ですPは冬がますます明らかになって

Pは連続的に曇り雨雨

君の笑容は,だんだんあなたには見えない故郷の雪が舞い降りて、思念

に似ている私はセーターを着て<P>を着ている君がくれた温もり抱きしめて君の顔を、北北風がよぎるて

したい

孤独風ですくむ

pは不変の風霜がすでに習慣に慣れて

に慣れているあなたが身の回りにいることに慣れてなくて

は慣れていません一番美しいのは雨の日じゃないんじゃないかな君と雨の軒をくらましている軒、PPは過去の夢一般

私たちは、明日はうららかな日だと思いますが、明日は

探花Pはどこに行っても晴れる

p>私飲み碗<熱いスープを飲みます涼かゆ

私はあなたを食べてマオンを食べているあなたは立っていますPは,PとPPP君が可愛い顔を見ているのかな?込み合うの人混みで私の孤独を笑う

あなたの口の中の汚水は私の顔を噴き出してはいけないで、私は1顔

を噴き出してはいけないp>と<北風に回って道場

P武力は天よりも暗いPは晴天で晴れている

を待っていて誰がますます寒くなる

をして、誰がますます寒くなってきて<ばなりp――ますます暖かくなり……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です