輸砂糖液時自分でスピードをしないで

靑筋静脈注入は、大気圧と液体静圧の原理で、薬物は静脈内から体内に入力し、非常に厳格と専門の技術と操作している.点滴のスピードは患者年齢、病状、薬の性質、点滴の総量と注入の目的などの多い方面で確定して、患者の感じは勝手に調節することができません.

一般的な場合、成人輸液速度は40~60~60~60~60~60~60~60.児童、老年人は器官の発育不全や機能低下、注入速度が低下、児童の輸液速度は20~40~40~40分、老年人は輸液速度は40分の/分.いくつか特殊な患者、心臓病(特に心機能不全者)または肺肺疾患者、点滴速度はもっと遅くなり、30~40滴/分は宜.

p>と<点滴のスピードが速すぎて、心臓の負担を強めることを引き起こしやすく、心は衰えや肺水腫などの不良反応.硝石ナトリウムの注入時に厳格に制御する速さを制御して、速いスピードで血圧が急激に下がることができます.硝酸グリセリン、単硝酸イソ山梨エステルの注入速度は8~15滴/分、速すぎると血圧低下、心拍数が加速して気絶することができます.カリウム剤の速速すぎて起きる可能性が高いカリウム血症、表現を脱力、手足がしびれる、呼吸が唇と呼吸困難、心拍遅くして、心拍は乱れて、甚だしきに至っては心臓停止する.

輸液アミノ酸、脂肪乳など静脈栄養を引き起こす薬が速すぎて、顔を赤くする、発熱、吐き気、嘔吐、動悸、胸やけなどの調子が悪い.

治療扁桃炎と副鼻腔炎の抗生物質ごとに0 . 3グラムクリンダマイシン、する必要がごじゅう—ひゃくミリリットルの生理食塩水やブドウ糖希釈5%溶液、緩慢点滴は、通常1分を超えないにじゅうml.もし滴っが速く、血管性病変、血管支配の臓器に影響を与える可能性があり.

はもちろん、輸液速度が遅いということでもあり、病気によって輸液速度を調整する必要があります.救急脱水深刻や出血過多のショック病人は急速に液体を補う、通常1時間に体内に入った液体に何千ミリリットル.治療のいくつかの頭蓋内圧高まるの患者に、20%マンニトール250 mL静の時間を超えてはならないさんじゅう分、滴速が遅れた可能性は降頭蓋内圧の効果.

皆さんは、輸液にいるときは、速度を調整したい場合は、まず医療スタッフ、自分の感じと需要を知らせ、彼らは適宜調整をします.しかしみんなは勝手に調節することができなくて、治療に影響しないで治療に影響します
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です