六大誘因は風邪を砂糖引きません

同じ気候条件、なぜ個体の免疫の違いが大きい?アメリカペンシルベニア大学の戈諾教授は研究発見、不良の生活方式は風邪の重要な要素を引き起こしている.以下、私たちは、風邪は、ジライヤの6大主要な要因を、棚卸をチェックする.

p〉〈時は風邪<」のどが渇き”が出て電解質補充を大切に

冬の北方の気温は低いし、砂糖、乾燥しやすいが、口、ただ飲み込んで、皮膚乾燥などの現象.もし水を飲むのが少なくて、上気道防御機能低下により、ウイルス、細菌の繁殖を起こして長駆直進するすばやく上部呼吸器感染を続いて、インフルエンザ.逆に、人体に水分がたっぷり含まれる場合、鼻腔と上気道が潤ん状態で、一定程度の病菌が抑制され、風邪の可能性が低下します.

科学的には、多くの方が良い、抗風邪、電解質の飲み物は水よりも体に助けているということです.みんなはすべて知って、重い風邪が発生する時、医者は普通は点滴液を使って、実は点滴液の主要な成分は電解質です.事実上、人体は呼吸、体表蒸発などで大量に水分や電解質が流失します.日常生活においては、人体に正循環状態になり、自己免疫力を高める有効方があります.特に風邪で熱がある場合、人体の自動温度調節機構は、皮膚に大量に水分を排出して体温を下げ、体内に水分と電解質の流失を招きます.この時点で、純水を補充して、人体の正常な運転に重要な作用の電解質があって、他の疾病の予防と回復に対して回復します.今の市場の上でよく売れた電解質補充飲料ポカリスエットに比べて、普通の水、ポカリスエット合理的浸透圧が入りやすく水分人体の細胞の中で、それによって体はより速く、より十分な水分を吸収する.また、水分は体内で滯在時間が長く、口を緩和する、ただ飲み込んなど乾燥症状、熱の発生防止、風邪の予防に役立つ.

風邪はよくある病気で、かなりの部分は人が風邪を引いてから自分に「薬を買って食べて、また普通の同時使用広い譜の抗生物質と同時に治療.多くの人は、多くの人は、抗生物質の量を悪用するため、食べるが、容易になりやすい体質になります.抗生物質は予防や治療によると、かえって病原菌の耐性が増加し、細菌に感染して深刻な疾病に感染することにより深刻な脅威をもたらしました.これまで、北京朝陽病院は風邪発熱患者の1項対比調査に対して、抗生物質の患者の平均解熱時間は9日で、抗生物質の解熱の時間は1 ..このように、不対症、抗生物質は風邪の治癒効果に対しても.医師には、インフルエンザの合併症、例えば各種炎症が現れた時に使用して、その作用は治療を治療しない、炎症を解消するとしている.抗生物質を服用して、自身の体質と病状を結び付けなければならない、医師指導のもとで行う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です