砂糖の種類と使い方

スーパーなどに行くと白い砂糖が売っていますが、実際に体に悪いとされています。最初に砂糖の種類とカロリーについて説明して、次に正しい砂糖の使い方を紹介しますので健康やダイエットに興味がある人は見てください。
昔から砂糖は体に悪いと言われていますが、そんな風に言われるとカロリーが高いのかなぁと思う方もいるので分量を挙げていきます。
砂糖のカロリー(10g中)
白砂糖   39.8g
てんさい糖 39g
きび砂糖  39.6g
三温糖   39.4g
黒砂糖   36.3g
以上が砂糖の種類とカロリーとなります。
種類を問わず全体的にカロリーはほとんど同じに見えますが、砂糖が体に悪いと言われるのは,あの病みつきになる甘さが問題とされています。これはケーキやシュークリームに含まれるカロリーが関係しています。砂糖の依存性によって食べてもすぐに欲しくなって、食べる事でカロリーを過度に摂取して、さらにケーキを作る時に使われる油でさらに悪影響を及ぼします。そのため体にいい種類の砂糖でも厳しい面もあります。
また砂糖は体内のカルシウムを壊してイライラさせる効果があるため、摂取してく度に怒りっぽい性格になるので注意が必要となってきます。逆に摂取を止めると大人しい感じの優しい人になるそうです。特に0~12歳の子供に砂糖を食べさせるばかりしていると将来的に怒るばかりで、太った大人になる可能性があるので注意して摂取させましょう。

次に砂糖の正しい使い方を紹介します。
白い砂糖は体にいいものではないので、黒砂糖などを使う事がお勧めなのでこれらで料理を作ると良いです。肉じゃがや煮魚を作る時はみりんの量を増やすと砂糖の代用になります。砂糖の種類の中から体にいい物を使わなくてもハチミツを使うという手もあり、こちらは体にいいのでお勧めできます。
ハチミツは砂糖の1.3倍の甘味があるため、少ない量で甘くする事が出来ます。
その分カロリー摂取量を減らす事が出来るので、最近ダイエットしているから甘いものは食べれないと言う方には嬉しい代用品です。また便秘を改善して肌を綺麗にするため、女性には特にお勧めします。
健康になりながら甘いものが食べたいという人は果物を食べるのも有効で、果物は甘いと感じる事が出来て、砂糖を摂取しなくても良い点が素晴らしいです。
しかし、1日2個以上食べると花粉症の発症率が上がります。
そのため体に良いというばかりではなく、意外にも食べ過ぎると糖尿病の発症率を上げる事も分かっているので、1日2個を守って食べましょう。