一日の糖分摂取量

この①〜③を4年問ひたすら繰り返すのである。特に空気がゆっくりしている地方である。さ らに実家に住んでいれば、自分からリスクを胃さなくても楽しく過ごせるのである。自分の身の 丈にあった生活をする。まさに余生の暮らしである。

糖分不足と糖分取りすぎはよくない。一日の糖分摂取量は?

そんな地方の若者は公務員か地方銀行をはじめとした主要企業に就職を希望するのであ る。夢は「地元に残り、安定した生活」をすることなのである。給料はそんなに多くなくていい。 残業が少なく、土日が休みで圯々と仕事をこなせればいいのである。男は常業ならば新规より ルート営業、女性ならば人種に閲わらず事務とい、っような傾向である。

ここで2番目のミスマッチが起こるのである。そのような若者たちに決まって、夢を持てと大人 はいうのである。しかし、現実的には夢を持ってはいけないことに彼らは気づいている。まず、子ど もの頃にブロ野球選手やアィドルになれるのはごく一部だとわかる。そして、受験で負ければ大企 業に人れない。そこから、地方公務貝や銀行をはじめとするCMなどで見た資本の大きい地元の 名のある企業に入れればいいかなと思う。しかし、実際はせいぜい信用金庫か地元の中小企業に 入れれば御の字だと思っているのが大半である。

それでは若者とー緒に地域活性化はできないのか?いや、私はできると思う。次の節でそれを 述べる。